ダイエット用語「イソフラボン」についてのご紹介。ダイエットに失敗しないためにも基本的なダイエットに関するキーワードはここで押さえておきましょう!

は名称変更しました。
@niftyスポーツクラブは名称変更しました。

イソフラボンとはダイエットに関する用語を詳しくご紹介
いまさら聞けない有名用語や専門用語まで

イメージ画像

ダイエット用語辞典

イソフラボン

イソフラボンは大豆胚芽に含まれる成分の一つで、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることがわかっています。
女性ホルモンのバランスを整えると、バストアップ・美肌・コレステロール抑制・骨粗鬆症・生理不順・癌など女性に必要な美しさを保つことに効果が得られます。イソフラボンはカルシウムの吸収を助ける働きもあり、カルシウムが骨から過剰に溶け出すのを防ぐとともに、骨形成を促進する働きもあります。このため、イソフラボンは更年期の女性にもお勧めです。
主に、大豆・味噌・納豆・豆乳・豆腐・葛の根・ガウクルアなどに含まれています。
しかしこういった健康効果が期待されているイソフラボンですが、サプリメントなどによる過剰摂取は、逆に女性ホルモンのバランスが崩れる可能性があり、ホルモン値の変動や月経周期の遅れ、子宮内膜増殖症などのリスクが高まることも報告されています。
1日に30mgまでのイソフラボンを摂取することが望ましく、豆腐で100g、納豆なら60gを毎日食べればよいことになりますが、現在の日本人の一日当たりの推定イソフラボン摂取量は約18mgとされています。

ほかのキーワードを見る

                   

用語辞典TOPへ戻る

おすすめ施設のご案内

特典掲載中のオススメ施設

  • 入会金・登録料0円クーポン
  • 豪華特典がもらえるクーポン
  • 金券・施設利用料付きクーポン

スポーツクラブ特集

スポーツクラブ特集一覧を見る >

人気ダイエットランキング

  1. 踏み台昇降運動ダイエット

    ダイエットの基本!!まずはここから!!

  2. 炭水化物抜きダイエット

    炭水化物以外は、おかずなんでもOK!

  3. ビリーズブートキャンプダイエット

    7日間の集中減量プログラム

ダイエットランキングをもっと見る

用語辞典

用語辞典一覧を見る

本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、「ここがよかった!」は施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし「ちょっと調べてみた」は編集部が調査して掲載しております。

TOPへ戻る